作品タイトル

親不知、石ころの詩

キャッチコピー

この子とあたし 砕けて割れて 石ころふたつ

あらすじ

世間の常識からズレた信念で娘を守ろうとする母の生き様を描く物語。 亜矢子は「障がいを持つ」とされる娘・サチを守るためなら手段を選ばない。問題を起こしたのが娘であっても、原因はその相手にあるとして噛み付く。以前は受けていた福祉手当ても放棄する、など、現在の亜矢子の常軌を逸した行動を知った元・夫の啓吾は、「サチの幸せを考えろ」と亜矢子に迫る。啓吾の現在の妻・香苗も含めた様々な思惑が絡みあっていく。世間から追い詰められていく亜矢子が、サチの心に刻みつけるものとは…?「社会不適合者」とも言える母の姿を時には過激に、時にはコミカルに、時には哀しく描き出し、ひとつの壮絶な愛の形を提示する。

応募者/監督

渡邊 世紀

渡邊 世紀