よくあるご質問

コンテストエントリーについて

エントリー映像のフォーマットは何ですか?
動画データ(mp4)になります。
エントリー映像の容量制限はありますか?
50MB以内に圧縮してご応募ください。入選作品、グランプリ他受賞作品に関しては、劇場等での上映の為に、マスターデータのコピーのご提出をお願いする可能性がございます。
予告編映像の尺は何分ですか?
3分以内になります。
タイトルに地域を入れるとありますが具体的にはどのように入れればいいでしょうか。
「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」のように地域名を(サブタイトルではなく)メインタイトル内に入れてください。
また地名については崩して使用していても問題ありません。
例)茨城→茨の城(いばらのしろ)
エントリーフォームの「作品の舞台」とは、どういうことですか?
作品のタイトルの地名、そしてその地名の都道府県を入力してください。
例)「高崎グラフィティ。」の場合
  作品のタイトルの地名:高崎 / 都道府県:群馬県
エントリーフォームで使用楽曲をチェックするようになっていますが、「オーディオストック」の曲を使用した場合、何を入力するのですか?
音源をダウンロードした際の「audiostock_ID番号.mp3」等のファイル名をご記入ください。使用楽曲は、すべてご記入ください。
エントリー時に使用するプロットは本編の内容ですか?予告編の内容ですか?
プロットは応募する「予告編」ではなく、(グランプリに選ばれた後、改めて制作することになる)「本編」の内容を記載したものをアップロードしてください。審査時にはそのプロットを参考に予告編動画を見ることになります。
既に制作済みの作品でも応募できますか?
はい、問題ありません。応募規約にも記載しているとおり他のコンクールで受賞していないこと、商業公開していないことが条件となります。学園祭やイベント等で上映した作品でも問題ありません。
作品資料のデータ拡張子は何になりますか?
プロットはPDF(容量は5MB以下が望ましい)、作品スチールと代表者プロフィール写真はJPEG(各2MB以下が望ましい)となります。

応募概要について

他のコンクールに応募した作品は応募できないのですか?
他のコンクールで受賞したものでなければ応募可能です。
一人で何作品も応募してもいいのでしょうか?
応募はお一人1作品までとなります。
グループで応募してもいいのでしょうか?
グループでの応募も可能です。その場合は代表者名でご応募下さい。
「未完成映画」と書かれていますが、既に完成している映像(もしくは作品)があり、その「予告編」を応募してもいいのでしょうか?
はい、大丈夫です。すでに完成している作品でも、商業公開されていないもの、他のコンクールで受賞していないもの、であれば問題ございません。
タイトルに「エリア名」を入れるのはどういう意図なのでしょうか?
当コンテストは、今回の趣旨を通じて「地域」(都市だけでなく様々な地域)が盛り上がっていくことを目指しています。
「エリア」が複数あってもいいのでしょうか?
撮影場所は複数あって構いませんが、応募作品の「エリア」としては一箇所で設定してください。
タイトルに入れる「エリア」で全編撮影しないといけないのでしょうか?
1シーンでも構いませんが、作品テーマやモチーフと撮影「エリア」が密接な関係にあることが望ましいです。
例えば「ポンヌフの恋人」の「ポンヌフ(橋)」や、「木更津キャッツアイ」の「木更津」、「池袋ウエストゲートパーク」の「池袋(西口公園)」等のように。
「エリア」名はサブタイトルに入れる形でもいいのでしょうか?
いいえ、「エリア」名はメインタイトルに入れてください。
個人でHPやYouTubeなどで配信している作品を応募したいのですが?
問題ありません。
商業公開されているものはNGとのことですが、自主上映会なら可能ですか?
基本的に自主上映会での上映であればご応募可能です。
商業公開とは何を指しますか?
劇場公開(自主上映会を除く)、DVDリリース、テレビ放映、有料インターネット配信等々、営利を目的とした公開を指します。
海外からのエントリーは可能ですか?
可能です。その場合もエントリー受付けは日本語のみとなります。
応募者の国籍は問わないとのことですが、日本語以外の作品でも構いませんか?
作品の言語は日本語以外でも構いませんが、必ず日本語の字幕を付けて下さい。
出品料はありますか?
出品料は不要です。
応募の手段は?
公式サイトの応募フォームからエントリーしていただくことが必須となりますが、もしデータのアップロードが出来ない場合等は事務局へメールにてお問い合わせの上、必ず配達記録の残る郵便局の「書留」にてご郵送下さい。
応募方法等の詳細は公式HPの「応募について」をご確認ください。
「MI-CANクリエイターズファーム」とはどんなものですか?
日本全国各地から応募された作品情報を元に次代のクリエイターと地域の情報をマッピングして一般公開し、新たな出会いの場所となることを主眼とした、当事務局が運営する映像ギャラリーの名称です。
公式HPの「応募規約」において、「MI-CANクリエイターズファーム」についての約款を定めております。詳細はそちらをご確認ください。
「MI-CANクリエイターズファーム」に登録料はありますか?
登録料はございません。
応募を受付したら連絡をもらえますか?
公式HPの応募フォームよりエントリーいただきますと、入力内容の確認と合わせてエントリー完了のお知らせメール(自動送信)をお送りさせて頂きます。
落選した場合にも連絡をもらえますか?
公式HPでの発表をもってかえさせて頂きます。

作品上の著作権等について

すでに出版されている著作物を「原作」にして映像を制作してもいいのでしょうか?
基本的にオリジナル作品での募集となります。
「主題歌」のような扱いで有名なミュージシャンの楽曲を「予告編」に使っていいのでしょうか?
作品で使用する音楽、映像、小説、漫画等の著作物を利用する際には、権利処理を済ませた上で応募してください。
当コンテストで提供している「Audiostock」のロイヤリティフリー音源は当コンテストの応募作品のみにおいて自由に使って頂く事ができます。「応募方法」の「ロイヤリティフリー音源はこちら」からご使用ください。
その他、著作の使用許諾を得ている楽曲、もしくはご自分で作曲された楽曲に関してご使用頂く事は問題ございません。

事務局等について

いろいろと問い合わせしたいのですが、どういう方法がありますか?
当事務局までメールにてお問い合わせください。数日以内に事務局よりご返答させていただきます。
エントリーフォームから誤った内容を登録してしまいました
登録内容を修正いたしますので事務局までメールでご連絡ください。
作品を事務局に直接持ち込んでも構いませんか?
直接のお持込みはご遠慮くださいませ。
応募方法等の詳細は公式HPの「応募について」をご確認ください。
オフィスクレッシェンドはどんな会社ですか?
テレビ番組・映画・CF・ミュージックビデオ等映像全般における企画・制作・構成・演出業務を主とした映像制作会社です。その他、コンサート・雑誌・書籍・商品のプロデュース及びコーディネート、作家・演出家・アーティストのプロデュース・マネジメント業務を行っております。
弊社所属の演出家や制作作品など、弊社の公式ホームページでご案内しております。
(代表作)
堤 幸彦(演出家):映画「十二人の死にたい子どもたち」、映画「人魚の眠る家」、映画「天空の蜂」他
大根 仁(演出家):映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」、映画「バクマン。」、映画「モテキ」他
平川雄一朗(演出家):映画「春待つ僕ら」、ドラマ「義母と娘のブルース」、映画・ドラマ「ROOKIES」他
小原信治(作家):ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」、アニメ「サムライチャンプルー」、ドラマ「サイコメトラーEIJI」他

【オフィスクレッシェンド公式HP】http://www.crescendo.co.jp/

審査について

事務局ではどのような審査をするのですか?
【第一次審査】
各作品を観た当事務局メンバーで合議を行い「入選作品」に絞ります。
その際、著作権・肖像権・その他知的財産権について第三者の権利を侵害するものでないかの調査をいたします。
【第二次審査】
「第一次審査」を通過した「入選作品」について、オフィスクレッシェンドに所属する堤 幸彦(演出家)・大根 仁(演出家)・平川雄一朗(演出家)・小原信治(作家)他、当コンテスト審査員及び事務局メンバーで合議を行い、「ノミネート作品」に絞ります。
【最終審査】
社外より著名な方々に審査にご参加いただきます。岡田 惠和(脚本家)、井上伸一郎(株式会社KADOKAWA代表取締役専務執行役員)、植田 博樹(株式会社TBSテレビ制作局ドラマ制作部プロデューサー)、川村 元気(映画プロデューサー)、伊藤さとり(映画パーソナリティー)。そこにオフィスクレッシェンド・クリエイター審査陣(堤 幸彦、大根 仁、平川雄一朗、小原信治)が加わり、合議の上、「ノミネート作品」の中からグランプリ他、各賞を決定します。
なぜ短編映像でなく「予告編」で審査するのでしょうか?
完成された短編映像やショートフィルムにグランプリを与える映画祭は、国内外に数多く存在いたします。当コンテストでは映像制作会社ならではの発想で「これから作られる映画」がどんなに面白いかを自由に表現してもらおうと考え、「予告編」というフォーマットで審査することにいたしました。

グランプリ獲得者の映画制作について

クレッシェンドが制作資金を全て援助するということでしょうか?
はい、3,000万円相当が上限ですが制作資金を用意し、制作を全面的にサポートいたします。
スタッフィングやキャスティングはどうなりますか?
オフィスクレッシェンドのプロデューサーがグランプリ受賞者と相談しながら進めて行きます。
地方に住んでいるのですが、地元以外の場所を「エリア」とした時に撮影や宿泊の費用は出してもらえるのですか?
プロデュースする上で予算上の検討は致しますが、グランプリ獲得作品の「エリア」を生かし、撮影・仕上げに関わる費用をご提供いたします。
完成した映画の権利はどうなるのでしょうか?
契約書を交わした上で、「監督」「脚本」「音楽」「原作」など全ての著作者の権利をオフィスクレッシェンドが守ります。
Page Top
CLOSE