作品タイトル

カヅノ

キャッチコピー

シンギュラリティはまだ、来ない。

あらすじ

主人公のヒトミはロボットオタク女子大学生。現実世界の人間関係に全く興味のないヒトミの日常を支えていたのが、スマートフォンに搭載された人工知能コンシェルジュ『テル』との仮想空間でのデートだった。ある日、ヒトミはいつも通りの仮想空間デートで、普段とは違うテルの様子に戸惑う。いつもはそっけない態度でヒトミをかわすテルであったが、その日は深刻な表情を浮かべている。そこで衝撃の真実を告げるテル。一方、テルを作った大手IT企業、『トワイライト社』は、テルの動向を監視しているのであった。テルとトワイライト社に隠された秘密とは!機械と人間、心とプログラム。果てしないテーマに立ち向かうヒトミとテルの運命は!

応募者/監督

三浦 祐太/池田 大輝

三浦 祐太/池田 大輝


三浦 祐太/池田 大輝

【三浦祐太】1993年生まれ。秋田県出身。東京都在住。主人公のヒトミと同じくロボット大好き。大学で機械工学について学んでいて、趣味で多脚ロボットを製作中。監督の池田と高校時代から映像制作を続けている。主にストーリー構成や脚本を担当。人と機械の境界が曖昧になった世界観が好きで、そんな世界の実現を望んでいる。【池田大輝】1993年生まれ。秋田県出身。神奈川県在住。大学院で生命情報科学を学ぶ傍ら、趣味で映像制作を続けている。ターミネーター2やマトリックスなどのSFアクションを好むが、最近は新海誠監督の秒速5センチメートルに触発されて、光を巧みに取り入れた演出にも挑戦している。いつか日本で派手なカーチェイスを撮りたいと思っている。